TOPICS:

2015年9月発売予定

KAIJU REMIX SERIES
ベムラー

頒布価格 14,500円+税

●原型製作:ポール・コモダ
●全高約310mm

発売元/ACRO

オフィシャルサイト
http://dunk-japan.com

© 円谷プロ

編集部コメント

前回特集したDUNKが送るアーティストが既存の
怪獣をアレンジする[KAIJU REMIX SERIES]
最新作としてベムラーが登場!
デザイン&原型を担当したのは、ポール・コモダ氏。
まず簡単に氏のプロフィールを紹介。
90年代に創作した『ヘルレイザー』、
『タクシードライバー』、
『マリリンマンソン』などのガレージキットで
一躍有名になり、ニューヨークのスクールオブ
ビジュアルアーツで
ARTとコミックを学んだ後、再び原型の世界へ。
ジュエリーデザインやアクションフィギュア、
アルバムジャケット、
雑誌のイラストやボデイーアートなど手掛け、
DC Comic、Marvel・Toybiz, Broadcast Arts、
Art Asylumや『脳内ニューヨーク』、
『アイ・アム/レジェンド』などの
映画事業にも携わり一時期、H.R.GIGERのジュエリーの
原型も手掛けるなど大活躍。
最近は サイドショー、ダークホースコミックスと
A.D.I.や”The Thing”のクリーチャーデザインを
手掛けている。
そんな氏がシリーズ第1弾のアストロモンスに続いて、
再びベムラーのデザイン&原型を担当!
氏より製作秘話が届いているので紹介だ。
「成田亨氏のベムラーデザインを見て、
特にTレックスのような腕、
足が短く胴体が長いデザインが、
ほかの爬虫類系怪獣の中でも
独特ですごくユニークに感じました。
宇宙怪獣のヘッドも、鬼のような特徴的な牙が並び、
恐竜というよりトカゲだと思いました。
ベムラーのデザインは、
ほか怪獣と違った方向で作りたかったのでは?
という感じで円谷プロのエネルギーが伝わってきました。
そこで今回は、着ぐるみといった制限を無くし、
よりリアルにベムラーのオリジナルな
特徴を尊重してデザインしました。
腕と足は「ワニ」や「コモドオオトカゲ」
「ヒクイドリ」からヒントをもらい、
尻尾は巨大な「クジャクトゲオアガマ」を
イメージしています。
ベムラーは「モロクトカゲ」似てるので、
爬虫類の資料を基にトゲの
ディテールを忠実に再現する事に専念し、
鱗のパターンやトゲの流れは特に気をつけて作りました。
1番、私独特のスタイルが表現出来ている箇所は
ヘッド部です。
悪魔や鬼の頭脳を持った生き物を想像して、
子供の時見たあらゆる悪夢を表現しました」と
熱く語っている。
これはぜひとも現物を見てみたい所!
ただ今、DUNKサイトにて予約受け付け中!

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ"#sofvitokyo"をつけて投稿した画像がリアルタイムで表示されます。

ページ上部へ戻る