TOPICS:

2015年12月発売予定
マルサンのソフト怪獣シリーズ
漆黒オブジェコレクション ゴジラB/Oスタイル
漆黒オブジェコレクション ゴジラ1968
漆黒オブジェコレクション モスラ1961

頒布価格
12,960円(ゴジラB/O)
5,400円(ゴジラ1968、モスラ1961)(全て税込)

●全高
約300㎜(ゴジラB/O)
約230mm(ゴジラ1968)
約300mm(翼幅/モスラ1961)

発売元/マルサン

問合せ先/TEL.03-3624-9103 
info@marusan-toy.com

オフィシャルサイト
http://www.marusan-toy.com

TM & © TOHO CO., LTD.

編集部コメント

漆黒のブラック成型ソフビシリーズが
ますます充実!
まず最初は、60年代のブリキ製リモコンゴジラの
幻の試作をソフビ化したゴジラB/Oスタイル。
ブリキ同様、下あごと手足が可動する
ディスプレイモデルで、
市販されたブリキの現物と違い、
デティール表現に富んでおり
昭和30年代のゴジラの立体物としては、
最もリアルな造型アプローチを試みているのが特徴。
ブリキ玩具の表面プリントに適さないため
試作は当時ボツとなりましたが、
この早すぎたセンスは見逃せない。
モチーフになっているのは試作当時の
最新ゴジラ映画に登場した通称キンゴジなのだ。
次は1968年の映画『怪獣総進撃』登場の
通称・総進撃ゴジラであるゴジラ1968。
宿敵キングギドラを迎え撃つ上向きの
フォルムで造型されている。
モンスターヒーロー的な精悍な顔立ちは、
子どもから大人まで幅広く人気のあるゴジラだ。
そして最後は1961年の映画『モスラ』に登場した、
通称・初代モスラであるモスラ1961。
往時の日米合作映画ゆえアメリカニューカーク市に
飛来したことでも知られています。
「MOTHRA」すなわちマザー=母なる怪獣として
女性人気ナンバーワン!
そんな3体のシックな日本製オブジェ。
ぜひお部屋のインテリアに!

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ"#sofvitokyo"をつけて投稿した画像がリアルタイムで表示されます。

    ツイッター

    ページ上部へ戻る