TOPICS:

2018年11月10日からの「デザインフェスタvol.48」へてんぐアートが出店! ここで最新作となる[原始天狗シリーズ]から「原始天狗」「天狗獣」「原始肉」を発売開始!

原始天狗シリーズ 天狗獣(左下)、原始天狗(中後方)、 原始肉(右手前)、スーベニアシリーズ 小鳥天狗(左上)
↑原始天狗シリーズ 天狗獣(左下)、原始天狗(中後方)、 原始肉(右手前)、スーベニアシリーズ 小鳥天狗(左上)

世界からクリエイターが集う「デザインフェスタvol.48」でてんぐアートが最新作[原始天狗シリーズ]の「原始天狗」「天狗獣」「原始肉」3種と、かわいいマスコット「スーベニアシリーズ 鳥天狗」を準備中! なぜ「原始」だったのかは、下記コメントを参照! そんな注目の[原始天狗シリーズ]にユニークな設定があるので紹介しよう。「原始天狗」は「太古の昔、未だ恐竜たちが世界を支配していた頃、鼻に特徴のある人物が生きていたという。その名を『原始天狗』。実在したかはっきりしない、妖怪、神様とも言われるあの天狗の始祖と言われている」。「天狗獣」は「太古の昔、未だ恐竜たちが世界を支配していた頃、ひときわ異彩を放つ形状の生き物がいた。とにかく長い鼻を持つ獣『天狗獣』である。雑食のこいつはとにかく食べる」。「原始肉」は「原始で肉と言えばこの形状。天狗獣の肉なのか、その他の獣の肉なのか。それはわからない」。いずれもおもしろいので、ぜひ会場で[原始天狗シリーズ]をチェックせよ! そして今回は「小鳥天狗」もあり。「鳥天狗ソフビのお供として誕生。小さくてかわいい小天狗ちゃんです」! いずれもイベント後に通販を予定している。

■てんぐアートより各ひと言コメント
久々の新リシーズのリリースとなりました。なぜか舞台は「原始時代」。思いついたものはしょうがない。「天狗獣」というデカイ生き物のいる世界。いろいろ遊びたいです。そしてミニサイズのかわいい「鳥天狗ソフビ」もできました。連れて帰って〜

「デザインフェスタvol.48」
2018年11月10日(土)~2018年11月11日(日)
会場:東京ビッグサイト 西ホール全館
11時~19時
入場料:前売券800円、当日券1,000円 両日前売券1,500円、両日当日券1,800円(税込) ※小学生以下は入場無料 
チケット購入はこちら
てんぐアート(K-292)ブースにて発売

問合せ先/http://tengart.thebase.in

2018年11月10日~2018年11月11日の「デザインフェスタvol.48」にて発売
原始天狗シリーズ
原始天狗、天狗獣、原始肉
スーベニアシリーズ 小鳥天狗

頒布価格 3,000円(原始天狗)、1,000円(天狗獣)、各1,500円(原始肉、小鳥天狗)(各税込)
●全高約90mm(原始天狗) 、50mm(天狗獣)、価95mm(原始肉)、45mm(小鳥天狗)
●会場:東京ビッグサイト 〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1
©︎ tengart
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ"#sofvitokyo"をつけて投稿した画像がリアルタイムで表示されます。

ページ上部へ戻る