TOPICS:

2019年8月31日からマルサン六代目社長・神永英司氏の写真展「怪獣、アイドル、ときどきアート」開催。そこでの限定情報が到着!!

HEDORAH450 Green Gold Silver Glitter Ver.
↑HEDORAH450 Green Gold Silver Glitter Ver.

Classic GODZILLA450 Green Gold Silver Glitter Ver.
↑Classic GODZILLA450 Green Gold Silver Glitter Ver.

今週末に東京・原宿のギャラリーハセガワにて、現マルサン社長である神永英司氏の写真展「怪獣、アイドル、ときどきアート」が開催される。もともと神永代表は、怪獣玩具写真などのカメラマンとしても活躍。今回かつて発売した怪獣玩具写真集『ウルトラP』発売30周年記念としての写真展なのだ。もちろん現マルサン代表でもあるため、当日はマルサン製の限定モノも多数準備! まず世界のソフビ者から大好評のグリター「へドラ」最新作としてグリーン&ゴールド&シルバー3色ラメを配合したゴージャス仕様の「HEDORAH450 Green Gold Silver Glitter Ver.」に始まり、同仕様で1960年代販売の世界で最もクラシカルな「ゴジラ」ソフビを約140%拡大復刻した「Classic GODZILLA450 Green Gold Silver Glitter Ver.」など! そのほか当日はクリア&塗装の円谷ヒーローの450サイズの新バージョン「Secret HERO450 Transparent Ver.」(10,000円/会場特別価格)もあるので、現物はぜひ会場でチェック! また世界中のファンが駆けつける大好評の極小ソフビで、今回は「植獣ビオランテ」の新カラーが登場予定という「東宝怪獣大図鑑60mm」(1回1,000円/会場特別価格)や、「ヘドラ水中期」と呼ばれる「ヘドラ幼体ソフビ」の特殊成型版のブラインド販売という「へドラベビーつかみ」(1回5,000円/会場特別価格)もあり。これはもう会場へ行くしかない! 詳細などマルサン公式Instaguramで随時更新中なのでチェック!

■マルサンよりコメント
マルサン、ブルマァクなど、1960年代製の怪獣玩具による「怪獣ごっこ」の世界をヴィジュアルで再現した世界初の怪獣玩具写真家として知られる神永英司(現マルサン六代目代表)の軌跡を追う写真展です。エビ沢キヨミ先生の『エビ沢キヨミのそふび道 (番外編 マルサン玩具まつりへ!)』を読んで、予習してから行くとたのしさも倍増☆ ご来場お待ちしております。

2019年8月31日からマルサン六代目社長・神永英司氏の写真展「怪獣、アイドル、ときどきアート」開催。そこでの限定情報が到着!!

神永英司写真展「怪獣、アイドル、ときどきアート」
2019年8月31日(土)〜2019年9月1日(日)
会場:ギャラリーハセガワ
11時〜17時
入場無料

問合せ先/03-3624-9103(平日10時~17時)
info@marusan-toy.com http://www.marusan-toy.com

2019年8月31日より神永英司写真展「怪獣、アイドル、ときどきアート」にて発売
HEDORAH450 Green Gold Silver Glitter Ver.
Classic GODZILLA450 Green Gold Silver Glitter Ver.

頒布価格 各20,000円(税込)
●各全高約300mm
●会場:ギャラリーハセガワ 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-19-5
TM&© TOHO CO.,LTD.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ"#sofvitokyo"をつけて投稿した画像がリアルタイムで表示されます。

ページ上部へ戻る