TOPICS:

2019年11月30日から2日間「マルサン玩具まつり2019秋」開催決定! 限定情報第1弾はマルサンから!

四足へドラ450黒
↑四足ヘドラ450試作成型品 ブラックBLANK Ver.

へドラ緑クリア
↑ヘドラ450クリアグリーン

ゴジラ450_正面
↑クラシックゴジラ450バーニングクリアオレンジ

モスラ450バーニング
↑モスラ450バーニングクリアオレンジ

2019年11月30日〜2019年12月1日の2日間、横浜人形の家にて「マルサン玩具まつり2019秋」の開催が決定! 改めてこれは怪獣ソフビの老舗メーカーが贈るマルサン&ブルマァク系レトロソフビの祭典! 今回は展示テーマが「ガメラ」であり、2019年12月開催の「特撮のDNA〜平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮」展 http://sofvi.tokyo/191030_tokusatsu-dna/ ともリンクした内容になるとのこと。12月1日はゲストの西村祐次氏(M1号代表)塗装の会場抽選販売も予定されているというので注目だぞ。そして今回のトークショーも前回と同じく2日連続で開催され、初日11月30日14時からマルサンと親交ある女優・久保亜沙香氏と表現者・LEOそふび坊やが登場。ちなみに先日、台湾で開催された「Taipei Toy Festival」でデビューした久保亜沙香デザインの「Onesie Cat MASHU(麻糬)」も会場で国内初発売予定。そして翌日1日14時からはゲストにブルマァクの:鐏三郎氏、西村氏を迎えてのトークショーを予定している。いずれもどんなトークが飛び出すのか楽しみ。
肝心の気になる限定版は、マルサンを始めアマプロ、M1号、ブルマァク、やまなや、U.S.TOYSなど参加メーカーによる昭和レトロな怪獣ソフビが大集合! 第1弾としてマルサンからの新作情報が到着したので紹介! まず完全新作となる「上陸期の四足へドラ」の「四足ヘドラ450試作成型品 ブラックBLANK Ver.」が登場。尻尾の先まで含めると全長約34cmというビッグサイズ! 紹介のブラックのほかシークレットカラーも準備中というので楽しみ。次に「ヘドラ450クリアグリーン」は「ヘドラ成長期」の最新作で海外ソフビ者のリクエストに応える形で実現したモノ。グリーンクリア素材で不気味なヘドロを表現している。「クラシックゴジラ450バーニングクリアオレンジ」「モスラ450バーニングクリアオレンジ」は、イベント展示で反響が良かった特別版! 「ゴジラ」はバーニングなクリアオレンジにブラック塗装。翼幅は43cmというビッグな「モスラ成虫」は、両目を劇中イメージのクリアブルー仕様に! どれも気になる仕上がりで見逃せないね! ちなみにマルサンの限定版はマルサン公式Instagramにて随時公開されているので、そちらもチェック!

「マルサン玩具まつり2019秋」
2019年11月30日(土)〜2019年12月1日(日)
会場:横浜人形の家 2F 多目的室
10時〜17時
入場無料

問合せ先/03-3624-9103(平日10時~17時)
info@marusan-toy.com http://www.marusan-toy.com

2019年11月30日より「マルサン玩具まつり2019秋」にて発売
四足ヘドラ450試作成型品 ブラックBLANK Ver.
ヘドラ450クリアグリーン
クラシックゴジラ450バーニングクリアオレンジ
モスラ450バーニングクリアオレンジン

頒布価格 13,200円(四足ヘドラ450)、各22,000円(ヘドラ450、クラシックゴジラ450、モスラ450)(税込)
●各全高約300mm
●会場:横浜人形の家 2F 多目的室 〒231-0023 横浜市中区山下町 18番地
TM & © TOHO CO.,LTD.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ"#sofvitokyo"をつけて投稿した画像がリアルタイムで表示されます。

ページ上部へ戻る