TOPICS:

東急ハンズ渋谷店にマルサンソフビコーナーが復活! 1966年7月17日『ウルトラマン』放映開始の日に限定版「ウルトラマン350 A-Type & B-Type」2種、「ウルトラマン450」「ウルトラマンエース450」などを発売開始!

東急ハンズ渋谷店限定 ウルトラマン350 A-Type GID蓄光金目Ver.
↑東急ハンズ渋谷店限定 ウルトラマン350 A-Type GID蓄光金目Ver.

東急ハンズ渋谷店限定 ウルトラマン350 B-Type GID蓄光 銀目Ver.
↑東急ハンズ渋谷店限定 ウルトラマン350 B-Type GID蓄光 銀目Ver.

東急ハンズ渋谷店限定  ウルトラマン450 GID蓄光銀目Ver.
↑東急ハンズ渋谷店限定 ウルトラマン450 GID蓄光銀目Ver.

東急ハンズ渋谷店限定 ウルトラマンエース450 GID蓄光金目Ver.
↑東急ハンズ渋谷店限定 ウルトラマンエース450 GID蓄光金目Ver.

東急ハンズ渋谷店にマルサンソフビコーナーが復活! 1966年7月17日『ウルトラマン』放映開始の日に限定版「ウルトラマン350 A-Type & B-Type」2種、「ウルトラマン450」「ウルトラマンエース450」などを発売開始!
↑「350」と「450」のサイズ比較

なんと先月末まで東急ハンズ渋谷店で展開していた期間限定マルサンソフビコーナーが、1966年7月17日放映開始の『ウルトラマン』に合わせて復活! それを記念して東急ハンズ限定版として「初代ウルトラマン」史上初のソフビである「A-Type金目Ver.」を再販、そして新たに「B-Typeの銀目Ver.」も発売開始! これは1966年放送当時に発売された「ウルトラマン」の復刻で「A-Type」は初期版となるカプセル状の丸い両耳が特徴で「B-Type」は劇中スーツに合わせて頭部を改修したバージョンだ。そして「ウルトラマン450」は、やはり1966年放送当時のモノの復刻版で「ウルトラマンエース450」は、1972年の当時のマルサンが発売したミドルサイズのモノをモチーフに約180%拡大の30cmサイズにしたモノだ。で規格に合わせたもの。いずれも今回の両眼の彩色は東急ハンズ渋谷店限定仕様だぞ。全て蓄光成型なので、暗闇で全身が発光する! この渋谷店限定ラインナップは今夏も続々と追加されるらしく、次回は「ウルトラ怪獣」が登場予定というので注目せよ! 在庫状況は常に変動するため、お出かけ前に要チェックだ。

2020年7月17日より東急ハンズ渋谷店2Aフロアにて発売開始

問合せ先/https://shibuya.tokyu-hands.co.jp/

東急ハンズ渋谷店2Aフロアにて2020年7月17日より発売開始
東急ハンズ渋谷店限定
ウルトラマン350 A-Type GID蓄光金目Ver.、ウルトラマン350 B-Type GID蓄光 銀目Ver.
ウルトラマン450 GID蓄光銀目Ver.、ウルトラマンエース450 GID蓄光金目Ver.

頒布価格 各8,800円(350)、各11,000円(450)(各税込)
●各全高約220mm(350)、各300mm(450)
© 円谷プロ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ "#sofvitokyo" をつけて投稿した画像がリアルタイムで表示されます。

    ツイッター

    ページ上部へ戻る