TOPICS:

ソフビ界で大注目! ソフビトークのみのイベント「そふび原理主義」の第3回が東京・LOFT 9 Shibuyaにて2020年2月16日に開催決定!

「そふび原理主義Vol.3」メインビジュアル。今回もイベントアシスタントとして参加のルポマンガ家・エビ沢キヨミ氏渾身の作!
↑「そふび原理主義Vol.3」メインビジュアル。今回もアシスタントとして参加のルポマンガ家・エビ沢キヨミ氏渾身の作!

そふ原vol3告知
↑今回のゲストはブルマァク・いしづき三郎氏とMAMES・chami氏!

『ハイパーホビー 』(徳間書店刊)『そふび道』や本サイト・sofvi.tokyoにて、20数年にわたり新作ソフビを紹介し続けてきたそふび活動家『そふび道』氏が主催するソフビトークイベント「そふび原理主義Vol.3」が、2020年2月16日の昼、東京・LOFT9 Shibuyaにて開催される。これは誰にでもわかりやすくソフビの魅力を伝えることを目的としたトークのみのイベント。特徴として第1部がスタンダードな「怪獣ソフビ」、第2部が最近人気なクリエイターソフビで、それぞれゲストを呼んでトークする2部構成をとっているため、普段見られない顔合わせが実現するのも注目なのだ。過去に例を挙げると第1回めは、怪獣ソフビでM1号・西村祐次氏、クエイリターソフビで照沙氏、第2回めは、造形師・品田冬樹氏(円谷プロ造形部門「LSS」所属)とPUNK DRUNKERS主宰・親方氏で、確かにこの顔合わせはありえない!(笑)。そして第3回めとなる今回は、怪獣ソフビのレジェンド、ブルマァク・いしづき三郎氏、クリエイターは最近「踊り猫ボタン」が大注目なアーティスト・MAMESのchami氏が登場! この顔合わせを、ひとつのイベントで堪能できるのは「そふび原理主義」のみ! 加えてアシスタントとして参加する、本イベントの美術担当であり、「エビ沢キヨミのそふび道」連載中のルポマンガ家・エビ沢キヨミ氏による、ミーハー視点からの疑問が、さらに今のソフビ界がわかりやすく紐解くのだ! だからソフビに興味があるならこのイベントは逃せない! 入場料以外に1オーダー500円以上が必要となるので注意!

■『そふび道』よりコメント
基本的にソフビの一見さん大歓迎です! ソフビだとどうしても濃いマニアの集いになりがちです。そのため、ひとりだと怖いですが、「そふび原理主義」はゆるくてぬるいトークイベントなので、その辺は安全です(笑)。また前回よりゲストおふたりへのファンからの質問コーナーや、第1回めに登場いただいたM1号・西村祐次氏にLINEテレビ電話でご登場いただき、M1号最新作などを紹介していただく予定です(あくまで予定です……)。LOFT9 Shibuyaさんはおしゃれなカフェで、当日はフード&ドリンクもソフビ的メニューを考案しているので、ぜひお昼ご飯でいらしてください。

「そふび原理主義Vol.3」
2020年2月16日(日)
13時〜16時(12時30分開場/13時開演)
会場:LOFT9 Shibuya 〒150-0044 東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS(キノハウス) 1F
入場料:前売2,500円、当日3,000円(各税込/+1オーダー500円以上が必要)
e+、LOFT9 Shibuyaにて発売中
問合せ先/TEL.03-5784-1239 https://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/135868
© そふ原

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ"#sofvitokyo"をつけて投稿した画像がリアルタイムで表示されます。

    ツイッター

    ページ上部へ戻る