TOPICS:

2017年6月発売開始の[VAG]第11弾についてお聞きしました! ピコピコ編「ベッコス」について

VAG(VINYL ARTIST GACHA) SERIES11 ベッコス
ピコピコピコピコ
■奇妙奇天烈なぬいぐるみ、怪獣人形・着ぐるみを続々と生み出し、世の常識に揺さぶりをかける。「怪獣」を芸術の一ジャンルとして確立すべく奮闘。キャラクターデザイン、立体製作から芸能活動まで様々なジャンルで表現を行っています。

 

 

ーー[VAG]への参加は「ガッキーくん」に始まり、もはやレギュラー化しているピコピコさんですが、改めて今回の参加経緯と感想を教えて下さい。
毎年、メディコム・トイさんの新作展示会がありますが、前回の展示会の前日に突然「ベッコス」の[VAG]化のアイディアが閃き一日で試作原型を仕上げ、展示会当日に赤司(竜彦氏/メディコム・トイ代表取締役社長)さんに直談判で売り込みしました!

ーー今回はついに代表作の登場だと思いますが、ここにきてなぜこのキャラ=「ベッコス」を選んだのか教えて下さい。
今年は「ベッコス」というキャラクターが誕生して10年という節目を迎えました。そこで、10周年記念の一環として[VAG]にしたいという思いがありました。 今回、実現出来てとても嬉しいです。

ーー改めて「ベッコス」の制作コンセプトなどありましたら教えて下さい。
[VAG]を制作する時にはいつも、手に取って遊べるおもちゃになる様に意識しています。 今回は、かん着を180度捻る事によって「立ち⇔座り」とポーズが変わる機構を取り入れました。これは昔の人形にもあるアイデアなのですが、上手く落とし込む事が出来たと思います。

ーー原型はピコピコさんが自ら担当されています。こだわったポイントや苦労したポイントなどあったら聞かせて下さい。
とにかく、前述したポーズ替え機構が上手く行く様に「立ち姿」「座り姿」共に違和感のない様に体の前後の形状に辻褄を合わせる事に腐心しました。 また回転機構によって舌と腕が足と干渉する事を避ける必要がありましたが、上手くデザインとして処理する事が出来たと思います。

ーー今回5色ありますが、色決めの基本コンセプトと、色バリエーションの理由を教えて下さい。
「ベッコス」は元々着ぐるみがいます。基本はその体色である緑色になります。ほかの4色は、全種類並べた時に綺麗でポップになる様に配色しました。

ーー実際にソフビサンプルを見た時の手応えなどあったら聞かせて下さい。
かん着を回す事によって、本当に色々な表情が出てとても楽しいです! カラフルで細かい塗装も嬉しいですね。

ーー今後またシリーズへの参加意欲などあれば聞かせて下さい。
ぜひぜひ、また参加させて頂きたいです。もっともっとおもしろいことがしてみたい!!

ーー最後にファンへのメッセージをお願いします
いつも応援ありがとうございます。今回は特に! 手に取って遊ぶのが楽しい人形になっていると思います。楽しんで頂けたら幸いです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ"#sofvitokyo"をつけて投稿した画像がリアルタイムで表示されます。

    ツイッター

    ページ上部へ戻る