TOPICS:

2017年9月発売開始の[VAG]第12弾についてお聞きしました! T9G編「ランギアス」について

2017年9月発売開始の[VAG]第12弾についてお聞きしました! T9G編「ランギアス」について
T9GT9G
■トイフィギュアの造形師で培った技術を活かし、造形作家として数々の作品を発表している東京在住のアーティスト。ドール アイを主に使用し、独特な世界観を具現化した立体造形作品を生み出している。日本国内はもとより、台湾、香港、アメリカなど海外の個展やTV番組のキャラクターデザイン等精力的に活動中。

 

 

ーーT9Gさんソロとしては「ランギアス」から2度目、コラボの「ランジロンbaby」を入れると既に数回の参加です。これまで参加した感想と手応えを教えてください。
国内外でファンの方々がイベントに持参してくださったり、SNSに投稿して頂いたりと、たくさんのファンの方々が購入して下さっていることを知り、とてもうれしく思っております。

ーー今回はついに代表作の登場だと思いますが、ここにきてなぜ「ランジアス」だったのか教えて下さい。
当初、お話を頂いた際の[VAG]のコンセプトが「ランジアス」ではなかったんです。ですが今回、色々クリアになりようやくリリースすることが出来たので、とてもうれしく思っております。

ーー改めて「ランジアス」の制作コンセプトなどありましたら教えて下さい。
「平和を愛す動物好きな怪獣」「どこから攻撃されても大丈夫な形状」「怪獣らしさが感じられる着ぐるみ感」などをイメージして制作しました。

ーー原型はT9Gさんです。こだわったポイントや苦労したポイントなどあったら聞かせて下さい。
今回はスキャンによる再現ですが、元々の「ランジアス」を制作した時のポイントは「かっこいいだけにならない」こと、「愛嬌がある」こと、「感情を出しすぎない表情」「味のある造形」「なんとなく可愛く」などを意識し造形をしながらブラッシュアップさせていき、最終的にまとまったデザインになるように作っていきました。

ーー今回5色ありますが、色決めの基本コンセプトと、色バリエーションの理由を教えて下さい。
同系色にならないよう意識し、以前リリースした「ランジアス」のカラーバリエーションから選びました。

ーー実際にソフビサンプルを見た時の手応えなどあったら聞かせて下さい。
こんなに小さいのにしっかり再現されていたことにビックリしました。

ーー今後またシリーズへの参加意欲などあれば聞かせて下さい。
スキャンの可能性をとても感じた作品となりました。次回も自身の作品の中から[VAG]で再現できたらうれしく思います。

ーー最後にファンへのメッセージをお願いします
「ランジアス」はボクの代表作でもあります。この代表作をたくさんの皆様の元にお届けできることがとてもうれしいです。ぜひこの機会に手に取っていただけたらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ"#sofvitokyo"をつけて投稿した画像がリアルタイムで表示されます。

    ツイッター

    ページ上部へ戻る