TOPICS:

2018年10月発売開始の[VAG]第16.5弾についてお聞きしました! 「ハムスター☆」について

2018年10月発売開始の[VAG]第16.5弾についてお聞きしました! 「ハムスター☆」について
のん
のん
女優、創作あーちすと。
1993年兵庫県生まれ。
2016年公開の劇場アニメ「この世界の片隅に」で主人公・すずの声を演じ、第38回ヨコハマ映画祭「審査員特別賞」を受賞、高い評価を得る。作品は同映画祭で作品賞、第40回日本アカデミー賞では最優秀アニメーション作品賞を受賞した。
2017年に自ら代表を務める新レーベル『KAIWA(RE)CORD』を発足。シングル『スーパーヒーローになりたい』『RUN!!!』とアルバム『スーパーヒーローズ』を発売。創作あーちすととしても活動を行い、2018年自身初の展覧会『‘のん’ひとり展‐女の子は牙をむく‐』を開催。

 

ーー今回の[VAG]プロジェクトへ参加した経緯を教えてください。
メディコム・トイの赤司社長(メディコム・トイ代表取締役社長)さんと「ワルイちゃん」のキャラで[BE@RBRICK]を作っていただいたり「おもしろい事、していきましょう!」と楽しくお話させていただいていて、私が個展をする事になった時に、このプロジェクトに声をかけていただきました。

ーー[VAG]に対して期待している事などあったら教えてください。
この頑丈な「ハムちゃん」を皆さんに可愛がっていただけたらいいな。

ーー今回このキャラ=「ハムスター☆」での参加になりましたが、このキャラになった経緯を教えてください。
私の初の個展「‘のん’ひとり展‐女の子は牙をむく‐」で作られたこの「ハムちゃん」。とてもかわいい子が出来たので、たくさんの人の手元に置いていただきたいなと。この企画のイメージを見て、色んな個性的な「ハムちゃん」がいて幸せな気持ちになりました。カラフルでユーモアある「ハムちゃん」達に癒されます。

ーー新ためてこのキャラの設定や制作コンセプトなどありましたら教えてください。
この「ハムちゃん」が出来た発端は、私の小学生の時のトラウマから。砂場で「ハムちゃん」と遊んでいた時に、お山を作って「ハムちゃん」にトンネルを掘ってもらっていて、気付かずに「ハムちゃん」を生き埋めにしてしまった事があった……結局その子はピンピンしていたけど、それがショッキングで忘れられずにいました。その記憶を克服するために、頑丈な「ハムちゃん」を作りました。前歯ではなく、牙を生やしたハムスター☆。星のトゲトゲを尖らせて、攻撃的な可愛さを放ちます。

ーー原原型はPERFECT-STUDIOさんが担当されています。何か造型に関してこだわりのポイントなどあれば理由と共に教えてください。
ハムちゃんの丸み、毛並みのトゲトゲしさ。

ーー今回は5色ありますが、このカラーをご覧になっての感想を聞かせてください。
めちゃくちゃ可愛いです。パッチワークのようにカラフルな「ハムちゃん」、全色並んだ時のインパクトは圧巻です。

ーーそして実際にソフビサンプルを見た時の完成への手応えなどあったら聞かせてください。
「素敵。めちゃくちゃかわいい」と思いました。うれしかったです。

ーーシリーズは、もう第15弾まで発売されておりいずれも好評でした。そういう状況を受けてのプレッシャーなどはありますか?
それはちょっとキンチョー。可愛い[VAG]たちが出来たので、たくさんの人に好きになってもらいたいです。

ーー今後またシリーズへの参加意欲などあれば聞かせてください。
「VAGワルイちゃん」も作ってみたいですね。

ーー最後にファンへのメッセージをお願いします。
こんにちは、のんです。[VAG]企画とっても楽しいものになりました。色とりどりの「ハムちゃん」に癒されます。ぜひゲットしてねー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ"#sofvitokyo"をつけて投稿した画像がリアルタイムで表示されます。

    ツイッター

    ページ上部へ戻る