TOPICS:

2018年9月発売開始の[VAG]第16弾についてお聞きしました! 「クビタ ベビー」について

2018年9月発売開始の[VAG]第16弾についてお聞きしました! 「クビタ ベビー」について
しももく/ジャングル・造形工房密林のスタッフ

ジャングル・造形工房密林のスタッフ ■日々お客様からご依頼のソフビを作りながら自分のソフビも作っています。原型、蝋型、成型、塗装と一通り行っていますが、ソフビはやればやるほど奥が深くて本当に面白いです。

 

 


ーー今回の[VAG]プロジェクト参加の経緯と感想を教えてください。

ワンダーフェスティバルの会場でメディコム・トイ様よりお話を頂いたからです。

ーー[VAG]に対して期待している事などあったら教えてください。
クオリティが毎回上がっているので凄いと思います。今後どこまで上がっていくのか、とても楽しみです。

ーー今回なぜこのキャラ=「クビタ ベビー」を製作しようと考えたのか教えてください。
自分のソフビキャラの内のどれで行くか迷ったのですが、メディコム・トイ様との打ち合わせを重ね最終的に「クビタ」のミニサイズを作ることになりました。

ーーキャラの設定や制作コンセプトなどありましたら教えてください。
ほかの作家さんの設定でも多いと思うのですが、ミニサイズになるので「クビタ」の赤ちゃん版でまるくて可愛らしいをコンセプトにしました。

ーー原型製作時にこだわった造型ポイントなどあれば理由と共に教えてください。
メディコム・トイ様より可能であればデータ納品とのお話を頂いたので、まだ上手く扱えていないデジタル原型に挑戦してみました。原型制作の期間的な余裕はかなりあったのですが、手作業で作るのとは勝手が違い、苦戦しながらの作業でしたので原型発送が出来たのは結局締め切りの前日でした。

ーー今回は5色あります。色決めの基本コンセプトと、色バリエーションの理由を教えてください。
顔の質感を大事にすることを1番に考えて色決めをしました。具体的には顔の肌部分は塗装ではなく成型色のままでいくことを心掛けました。成型色だと独特の透明感が出るので、それが顔の肌感にピッタリだと思ったからです。そのため5色とも同じ成型色になってしまって、カラーリングのバリエーションを考えるのは苦労しました。

ーー実際にソフビサンプルを見た時の完成への手応えなどあったら聞かせてください。
カラーリングは細かい塗り分けが多く、どこまで再現してもらえるのか不安だったのですが、サンプルの出来がとても良かったので驚きました。自分で作ったサンプルよりも完成度が高かったのでとても満足しています。

ーーシリーズは、もう第15弾まで発売されておりいずれも好評でした。そういう状況を受けてのプレッシャーなどはありますか?
自分でも毎回買っている大好きなシリーズなので、プレッシャーは凄く感じています。でもそれ以上に参加出来るよろこびの方が数倍大きいです。

ーー今後またシリーズへの参加意欲などあれば聞かせてください。
もちろんまた参加したいです。

ーー最後にファンへのメッセージをお願いします
私はこれまでソフビ作家としての活動はあまり頻繁には出来ていなかったのですが、今回を機にどんどん活動をしていくつもりですので、今後の動きに注目してほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ"#sofvitokyo"をつけて投稿した画像がリアルタイムで表示されます。

ページ上部へ戻る