TOPICS:

2019年6月発売開始の[VAG]第19弾についてお聞きしました! 「Matthew」について BRIDGE SHIP HOUSE interview

VAG(VINYL ARTIST GACHA) SERIES 19 Matthew
BRIDGE SHIP HOUSEBRIDGE SHIP HOUSE
BRIDGE SHIP HOUSEは主にブラシを使い、オルタナティブコミックやアートトイに影響を受けた作風でインナーワールドを描くアーティスト。国内外のミュージシャンのCDジャケットやフライヤー、コラボグッズアートワークを手掛ける他、コミックの執筆、個展での原画販売などの活動をしている。

 

 

ーーBRIDGE SHIP HOUSEさんは「Matthew」でBOXを含めると3度めの参加です。 まず前回とBOXの「Matthew」で参加した時の感想と手応えを教えてください。
初回VAGの時は、自分の絵が立体化してガチャで販売されることが初めてだったのでとても嬉しかったです。友人と回しに行ったり、ガチャの前でファンの方に遭遇して声をかけてもらえたりして楽しかったです。
VAG BOXの時は並行した仕事でばたついていたので、あんまり記憶にないのですがSNSで買ってくださった方の写真を見かけてホッとしてました。

ーー今回、再び「Matthew」で参加されることになった経緯と感想を教えて下さい。
赤司さんから、VAGへの再キャスティングのオファーがあったとご連絡いただき参加することになりました。

ーー新色の色決めに関して何かプレッシャーはありましたか? あれば理由と共に教えてください。
プレッシャーはありませんでした。Matthewの体の色は黒あるいは黒に準ずる濃色でありたいと思っていたのですが、
VAG BOXで吹っ切れたので、見た目のカラーリングを大きく変えなければならないVAGシリーズ上でのネックは解消されました。

ーーそして決定した5色について今回の色決めコンセプトとバリエーションの理由を教えてください。
インテリアカラーをコンセプトに色を決めました。デスクの上やフラワーポットの横に置かれた時にいい佇まいになるカラーにしたいと考えました。
また、今回初めてオリジナルカラー(白黒)のMatthewがVAGになるので塗装をマットなものにしていただきました。
今回の5色はどの組み合わせで飾っても綺麗に飾れるようにしています。

ーー実際にソフビサンプルを見た時の完成への手応えなどあったら聞かせてください。
体の色はほぼ理想と同じ色に出していただけていて、後ろ姿を並べた時にとても綺麗で
ちゃんとインテリアっぽい空気を出せているなと思いました。

ーー[VAG]に対して、改めて今後の参加意欲などあれば聞かせてください。
作りたいカラーバリエーションは今回で完全燃焼した感覚があります。
違うポーズや違うモチーフで参加できたら嬉しいなと思います。
例えばキャップをかぶった人の頭のソフビで、キャップを回したりスワップできるとか。

ーー最後にファンへのメッセージをお願いします
こだわりのカラーリングで制作していただいた自信のシリーズです!
過去最高にクールに仕上がっているので、お洒落なところに置いて楽しんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ"#sofvitokyo"をつけて投稿した画像がリアルタイムで表示されます。

    ツイッター

    ページ上部へ戻る