TOPICS:

[VAG]第7弾についてお聞きしました!T9G&ナカザワショーコ編ランジロン製作について

【INTERVIEW】[VAG]第7弾についてお聞きしました!T9G&ナカザワショーコ編ランジロン製作について

T9G(TAKUJI)T9G(TAKUJI)
■トイフィギュアの造形師で培った技術を活かし、造形作家として数々の作品を発表している東京在住のアーティスト。ドール アイを主に使用し、独特な世界観を具現化した立体造形作品を生み出している。

 

 

ナカザワショーコナカザワショーコ
■東京都在住。 グラフィックデザイナー、イラストレーターを経て最近では主に絵画制作や造型、ソフビ制作を重点的に活動している。代表作に「山椒魚怪獣バイロン」、造型作家T9G氏とのコラボレーション作品「ランジロン」などがある。2015年よりSxT(Shoko Nakazawa x T9G)の巡回展をアジアを中心に開催中。各地で好評を得ている。

 

ーー[T9Gさん、ナカザワさん、それぞれ2度目の[VAG]参加です。今回ランジロンで参加することになったの経緯と感想を教えて下さい。
ナカザワ  バイロンのアートディレクターであり、尊敬するT9Gさんとのコラボ作品であるランジロンでも参加させていただるなんて本当に光栄です。ありがとうございます。
T9G 一昨年のマカオの「ART TOY SHOW」イベント中に生まれたキャラクターが[VAG]にまでなったのがとてもうれしいです。ナカザワさんのアート作品にはいつもとても刺激を頂いております。尊敬するアーティストのひとりです。

ーー前回、T9Gさんはランギアス、ナカザワさんはバイロンで参加されています。それぞれ感想と手応えを聞かせてください。
ナカザワ 国内外の沢山のファンの方々からメッセージや写真をSNSなどで拝見させていただきました。中には自分なりのカスタムをして楽しんでくださる方もいてとてもうれしかったです。回しに行ったけどもうどこにも無かった、という声もお聞きして[VAG]の人気を再確認いたしました。
T9G 国内にだけに留まらず、まだ発売されていない海外の多くのファンの方々にまで浸透していて[VAG]の人気をすごく感じました。

ーー改めて今回のランジロンbabyのキャラの設定や制作コンセプトなどありましたら教えて下さい。
ナカザワ バイロンbabyとサイズやフォルムなどは基本同じデザインにして並べて楽しめるようにしました。
T9G バイロンbabyより少し男っぽく感じられるように体の角度や厚み、腕の角度など微妙など細部にこだわりました。バイロンbabyと並べたときに違和感なくいい感じに出来れいると思います。

ーー原型はT9Gさん、ナカザワさんご自身で製作されています。新たに制作したランジロンbabyでこだわった造型ポイントなどあれば理由と共に教えて下さい。
ナカザワ 今回はバイロンbabyにT9Gさんがツノや背中のデコボコなどを足してランジロンbabyに。私は磨き担当でした。

ーーまた今回も5色あります。色決めの基本コンセプトと、色バリエーションの理由を教えて下さい。
T9G&ナカザワ 前回のバイロンbabyのカラフルポップな色が可愛かったので、ランジロンbabyはその上下の色を逆にしたパターンにしました。
ーー実際にソフビサンプルを見た時の完成への手応えなどあったら聞かせて下さい。
ナカザワ バイロンよりも綺麗に仕上がっていてうれしかったです。今回はボディのつやあり成型が上部のマット仕上げとの差が出ていいですね。
T9G とても奇麗で可愛く愛着のある仕上がりでとても満足しております。

ーー[VAG]への2度目の参加で何かプレッシャーなどはありましたか?
ナカザワ 特にはないです。他の作家さんの作品もとても可愛くて楽しみですね!
T9G プレッシャーというかまた参加させて頂いてとてもうれしかったです。

ーー今後またシリーズへの参加意欲などあれば聞かせて下さい。
ナカザワ 機会がありましたらぜひぜひ!
T9G 3回目で、またぜひ参加させて頂けたら嬉しいです!

ーー最後にファンへのメッセージをお願いします
ナカザワ 喜んでいただけたら嬉しいです。写真もどんどんアップしてくださると作者はさらに喜びます! よろしくお願いいたします。
T9G バイロンのファン、ランジアスのファン、両方のファンの方々に満足頂ける作品となっていると思いますので、見かけましたらぜひ回して頂けると嬉しいです。よろしくお願いいたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ"#sofvitokyo"をつけて投稿した画像がリアルタイムで表示されます。

    ツイッター

    ページ上部へ戻る