TOPICS:

東京の中野サンプラザで開催された、まんだらけのマニアの祭典「大まん祭」へ行ってきました!

「大まん祭」

2016年8月5日〜2016年8月7日という3日間、まんだらけ主宰のマニアの祭典「大まん祭」が東京・中野サンプラザで開催された。ここではアンティークトイのオークションに始まりソフビ、消しゴム&駄玩具、同人シール即売会、コスプレ撮影会、アニメ入札など、様々なジャンルのメニューが日別に用意され、夏の猛暑に負けない熱気に包まれたのだ! そんな「大まん祭」ではsofvi.tokyoでも紹介したようにまんだらけ製作の「ノンスタンダードコレクション 機械獣ケルベロスJ3」、「完全変形ソフビ 超攻速ガルビオン」、「曜変天目(ようへんてんもく)シリーズ 恐龍娘」など気になる新作を先行発売。また8月6日には、大のソフビ者として知られるバンド「怒髪天」のボーカル・増子直純氏をゲストに、氏の秘蔵ソフビコレクション展示に始まり、自ら製作した「音竜 まんだらけ限定公害怪獣カラー」の手売り&サイン会、そしてトークショーなどが開催されたのだ。そんなソフビ者的に最も注目だった8月6日の「大まん祭」をレポート! まんだらけ製ソフビや、手売りする増子氏、秘蔵ソフビコレクションを紹介します! ちなみに「大まん祭」は、2017年のGWに次回の開催が決定しているので、今回のレポートで気になったソフビ者はぜひ!

「大まん祭」
↑まんだらけが1970年代に大ヒットした巨大ロボット玩具シリーズの補完をコンセプトに製作した『マジンガーZ』第32話「恐怖の三つ首機械獣」登場の機械獣「ノンスタンダードコレクション 機械獣ケルベロスJ3」だ。全高約55㎝でとにかくでかい!

「大まん祭」
↑まんだらけの新ブランド・メイドインナカノは、貸本時代のマンガ『恐竜娘』から美しい少女が禍々しい想念のまま恐竜へ変身した「恐竜娘」をソフビ化

「大まん祭」
↑こちらもまんだらけ製作。1984年放映の『超攻速ガルビオン』に登場した「ガルビオン」ソフビ。なんとロボットモード(ガルビオン)からカーモード(サーカスⅠ)へ完全変形する

「大まん祭」
↑まんだらけ主催「資料製博覧会」の「資料製みやげ」としてソフビ者にお馴染み? 「こいのぼりくん」の新カラーバージョン。夕日とちゃぶ台の似合う“あの星人”を彷彿とさせる彩色だ

「大まん祭」「大まん祭」
↑まんだらけと縁のある表現者・LEOそふび坊やは8月6日に最新作「ウロボロス」を使用したワークショップを開催。この3体は、かん着の径が同じため自由に組み替えが可能。参加したソフビ者は、個々に様々なキャラを生み出していた

「大まん祭」
↑「音竜 まんだらけ限定公害怪獣カラー」は増子氏がMCを務めるテレビ東京の音楽番組『音流~On Ryu~』の1コーナー「増子道」企画から誕生したオリジナルソフビ

「大まん祭」
↑8月6日のメイン! 増子直純氏が製作した「音竜 まんだらけ限定公害怪獣カラー」を自ら手売り!

「大まん祭」
↑無事完売してホッとした様子の増子氏にお願いしてポーズをとっていただきました! やりましたね兄ィ!!

「大まん祭」
↑こちらが8月6日のみ展示された増子氏の秘蔵ソフビコレクション! ソフビの中でも大のヘドラ好きとして知られる氏のコレクションは、全体の半分以上がヘドラ! まんだらけスタッフによれば、朝イチに会場入りした増子氏が悩みながら展示したという

「大まん祭」「大まん祭」「大まん祭」「大まん祭」
↑こちらはM1号から復刻されたブルマァク製「ヘドラ」コレクション!

「大まん祭」「大まん祭」「大まん祭」
↑この3体は、増子氏がM1号を訪れた時、西村祐次氏(M1号代表)に怒髪天のアルバムを聴いてもらってイメージしてスプレーしてもらった特別版

「大まん祭」「大まん祭」
↑怒髪天が2010年に初めて沖縄でライブしたことを記念して、やはりM1号・西村氏からプレゼントされたスタンダードとミドルの「ヘドラトロピカルバージョン」

「大まん祭」「大まん祭」
↑袋入りで保管されていた「ヘドラ」は、2014年開催の「怒髪天結成30周年記念日本武道館公演 “ほんと、どうもね。」記念としてM1号・西村氏よりプレゼントされたバージョン!

「大まん祭」
↑上段はM1号の「ブルマァク復刻ヘドラ」、下段はマーミット製「ジャイアントヘドラ」

「大まん祭」
↑こちらはマーミット製「ジャイアントヘドラ」コレクション!

「大まん祭」
↑奥はマーミット製「ヘドラ」で手前がアトリエG−1製のリアルタイプ「ヘドラ」ソフビ

「大まん祭」
↑「ヘドラ」以外のコレクションも展示。ZOLLMENNソフビなどが充実。1番下段には今回「音竜」製作を担当したFYLOVERソフビも。「音竜」はこの日発売された以外のバージョンもあるぞ!

「大まん祭」
↑まんだらけソフビの発売ブースでメーテルがレジを担当! 思わず撮らせてもらったので最後に紹介。衣装だけかと思いきや、アンティークなカバンも準備しておりさすがでした! 彼女、イタリア人だそうで「今の若い人はメーテルを知らない……」と流暢な日本語でボヤいててビックリ!(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ "#sofvitokyo" をつけて投稿した画像が表示されます。

    ツイッター

    ページ上部へ戻る