TOPICS:

「Wonder Festival 2021 winter in project1/6」のsofvi.tokyo的レポート! そこでは何が販売されたのか?

今年2月、緊急事態宣言が発令され残念ながら開催中止となった「WF2021冬」……。この「WF2021冬」でメディコム・トイは、先日アップした赤司竜彦氏(メディコム・トイ代表取締役社長)インタビュー https://sofvi.tokyo/medicomtoy2020-interview/ で「ソフビが“ドカッ”ときます! 『WF』が今年の2月以降なくて1年ぶりの開催になりますよね。それもあってメディコム・トイのスタッフもみんな鬱憤が溜まっている感じです」と語っていただいた通り、様々な「WF」モノを……その数、なんと33点仕込んでいた! それだけに「WF2021冬」中止が残念だったが、メディコム・トイは新たなイベントを模索……直営ショップ・1/6計画を舞台に2021年2月7日、14日、23日の3回、それぞれ事前抽選入店受付を行っての販売会を開催したのだ! しかも驚くことに3回の販売会で何が発売されるのかを一切明かさなかった! メディコム・トイの「WF」モノというと、最近は一部商品をのぞいて事前告知を一切せず、当日会場で明かすというサプライズな演出を行っていたが……まさか ここでもそんな演出をするとは、ほんと驚き! 1/6計画のスタッフさんによれば事前に詳細を明かさなかったためどの日も「店頭にてディスプレイを見ながらかなり長考されるお客様の姿が見られました」とのことで「(遅い時間でも)こんなに買えると思ってなかった!」など驚きの意見もあったという。最後にスタッフさんは「皆様、思い思いのソフビをたくさん購入されており、『WF』中止の鬱憤を当店での販売で少しでも晴らして頂けていればいいなあ、と思った次第です」と締めくくってくれた。そんな1/6計画の様子はどのような感じだったのか? その舞台を写真で見てゆこう! それぞれの販売日の模様は、1/6計画スタッフさんにうかがったコメントから紹介! それにしても次回は、本当に無事に開催されることを願うばかりですね!



↑入店には事前抽選を行ったため大きな混雑はなかった



↑購入を長考するソフビ者たち

2021年2月7日(日)/第1回め
この日の人気は「ジャイアントゴジラ(ゴジラVSデストロイア)クリアオレンジ」「MCT ゴジラ(ゴジラVSデストロイア)」「ペコちゃん(黒&緑蛍光)」など。
「デスゴジ」人気が高かったようでほとんどのソフビ者が「『ジャイアントゴジラ(ゴジラVSデストロイア)クリアオレンジ』を購入されていました」という。この日の購入の印象としては「皆さま『ゴジラ』関連の物+αといったかたちでした。『ペコちゃん』も来店されたお客様の半分以上がご購入されておりました」という。


2021年2月14日(日)/第2回め
この日の人気は「ソフビライフ ジャイアントプリティゴジラ(緑成型:メタリック塗装)」「CCPゴジラ1995(ゴジラVSデストロイア版)2021新色 」「ヘドラ(解剖図解)新色」と「ゴジラ」絡みが多かった模様。メディコム・トイが販売を代行しているマーミットの東宝怪獣モノは第1回めから引き続き今回も販売。「ヘドラ(解剖図解)新色」含め、第1回めより売れ行きが早く完売になるモノもあったという。この日、初出しモノでは「CCPゴジラ1995(ゴジラVSデストロイア版)2021新色 」が最も売れ、改めて『ゴジラVSデストロイア』人気を感じたとのこと。


2021年2月23日(火)/第3回め
この日の人気は「HxS ケンタウロス(3期)」「かえぐるみ」「かえちゃん Vol.2」「ゴリラ」など。スタッフさんによれば、この販売会の事前問い合わせで最も多かったのがHxS製ソフビで、それはこの3回めに登場。このほかでは、第1回めに登場し、2回めに販売がなかった「かえちゃんシリーズ」の新作「かえぐるみ」と「かえちゃん Vol.2」が第3回めに再登場し「両アイテムのみをお求めの田中かえさんファンと思われる方も何名かいらっしゃいました」とのことで最も早く完売したという。そのほか注目のトピックとして今回が完全初出しだった「ゴリラ」! ソフビ者の心を刺激したためか、HxSと共にご購入されていく方が何名かいらっしゃいました」とのこと。




↑「WF」開催中止の鬱憤を1/6計画で思う存分はらしたソフビ者たち!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ "#sofvitokyo" をつけて投稿した画像が表示されます。

    ツイッター

    ページ上部へ戻る