TOPICS:

「THE ART of GODZILLA 怪獣絵師 開田裕治原画展」にマルサン限定版続々!


↑成獣ビオランテ450 クリア(金瞼)Ver.


↑成獣ビオランテ450 ピンク蓄光(黒目)Ver.


↑メカゴジラ1974 グレーGID Ver.

怪獣絵師として大活躍の開田裕治氏の『超・ゴジラ画帖』刊行記念の原画展「THE ART of GODZILLA 怪獣絵師 開田裕治原画展」が開催決定! そんな注目の原画展にマルサン製「成獣ビオランテ450」の「クリア(金瞼)Ver.」「ピンク蓄光(黒目)Ver.」2種と「メカゴジラ1974 グレーGID Ver.」を限定発売! まず「成獣ビオランテ450」は、今年のGWに発表され大反響で、その後相次ぐソフビ者のリクエストでいち部の彩色を変更して奇跡の復活バージョン! クリア成型にグリーンスプレー版は瞼を赤みがかったゴールドへ、また暗所で全身発光するピンク蓄光版はつぶらな黒目仕様へ、それぞれバージョンアップ! 次の「メカゴジラ1974 グレーGID Ver.」は、グレー蓄光にメタリックスプレーを施した特別版。メタリックブルーの背びれは「昭和ゴジラ」玩具へのオマージュだ。ちなみに会場にはほかにもシークレット版が!? 全貌は会場で確かめてみよう!

「THE ART of GODZILLA 怪獣絵師 開田裕治原画展」
2021年7月22日(木) ~ 2021年8月8日(日)
会場:GALLERY21
11時~18時(会期中無休)
入場無料

問合せ先/contact@gallery21-daiba.com https://gallery21.buyshop.jp/

「THE ART of GODZILLA 怪獣絵師 開田裕治原画展 」て2021年7月22日より発売開始
成獣ビオランテ450
クリア(金瞼)Ver.、ピンク蓄光(黒目)Ver.
メカゴジラ1974 グレーGID Ver.

頒布価格 各27,500円(ビオランテ)、11,000円(メカゴジラ)(税込)
●全高約300mm(ビオランテ)、230mm(メカゴジラ)
●会場:GALLERY21 〒135-8701 東京都港区台場2-6-1 グランドニッコー東京 台場 3F
TM & © TOHO CO., LTD.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ "#sofvitokyo" をつけて投稿した画像が表示されます。

    もしもし こちら編集部

    ツイッター

    ページ上部へ戻る