TOPICS:

One up.秋葉原店限定の「ガム太郎の新作怪獣ソフビ販売会」第2回は今週末開催!


↑音楽好き怪獣ウーミウシキング 第1期彩色版


↑蒸気怪獣ロコラ 第3期彩色版


↑蒸気怪獣ロコラ (blue) One up. 限定


↑二頭怪獣タゴラ G.I.D.

ショップ・One up.秋葉原店にて先日第1回目が開催された、立体怪獣作家・gumtaro氏のイベント「ガム太郎の新作怪獣ソフビ販売会」の第2回目が今週末2021年10月30日に開催! そこで販売予定の新作ラインナップが到着したので紹介だ。ここでは前回の記事でも紹介したgumtaroブランド最新作「音楽好き怪獣 ウーミウシキング」デビューが大注目! 改めて設定を紹介すると「音楽を聴いて踊るのが大好き、初めて聞くジャンルを求めて地上へ現れる。新しいダンスは普段使わない細胞を活性化させ巨大化する」で、gumtaro氏によれば「2006年3月にmixiで発表した怪獣水彩画から発展し、2020年の緊急事態宣言時の怪獣水彩画へ変化していった。『有名な電気怪獣と同じモチーフで怪獣が作れないか?』から発想した」という怪獣だ。そんな最新デビュー作は見逃せない!
そして2021年10月30日発売分のほかラインナップも紹介! 「蒸気怪獣 ロコラ 第3期彩色版」は「汽車のイメージと真逆の薄いオレンジ素体に大胆にブラックとガンメタ中心に仕上げた3期彩色版です。煙が素体の色というのも悪くない。Online販売があったとしてもごく少量なので、すぐに売り切れるようであれば再度量産を考えています」。そして「蒸気怪獣 ロコラ (blue) One up. 限定」は「イベント用に用意したカラーをもう少し数を増やして欲しいということで、急遽別色の素体に同じ行程で彩色した One up.限定品」だ! 「二頭怪獣 タゴラ G.I.D.」は「蓄光素体が少量あったので、デザイン画をおこしカラフルに彩色しました。光を吸収しやすくするために蛍光色とクリアーカラーを薄めに吹いて、ブルーの目でアクセントを付けました。今回裏も彩色しています」という! どれも魅力的なだけに第2回ラインナップは見逃せない! 

「ガム太郎の新作怪獣ソフビ販売会」
第2回:2021年10月30日12時〜
会場:One up.秋葉原店
12時~20時
入場無料

問合せ先/oneup.webinfo@gmail.com
http://www.one-up.org/

2021年10月30日の「ガム太郎の新作怪獣ソフビ販売会」にて発売開始
音楽好き怪獣ウーミウシキング 第1期彩色版
蒸気怪獣ロコラ 第3期彩色版
蒸気怪獣ロコラ (blue) One up. 限定
二頭怪獣タゴラ G.I.D.

頒布価格 3,500円(ウーミウシキング)、各7,500円(ロコラ)、3,700円(タゴラ)(各税込)
●全高約120mm(ウーミウシキング)、各155mm(ロコラ)、80,mm(タゴラ)
●会場:One up.秋葉原店 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-11-8 玉甚ビル2F
ⓒ gumtaro
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ "#sofvitokyo" をつけて投稿した画像が表示されます。

    もしもし こちら編集部

    東映レトロソフビ
    コレクション10周年

    ツイッター

    ページ上部へ戻る