TOPICS:

真夏の東京タワーでの「特撮のDNA」後半戦は「平成ガメラ3部作」! 開催は木曜より!!

現在、昭和怪獣映画でお馴染みな舞台、東京タワーで開催中の「特撮のDNA/東京タワーSOS ゴジラ・モスラ・東宝特撮 展」だが、既に紹介した通り、いよいよ2022年8月11日より後半戦ともいうべき「特撮のDNA/平成ガメラ3部作 展」が開催される。そこでの見所が公式サイトで明かされているので紹介。
まず最初にクラウドファンディングで新たに蘇った「ガメラ」だ! これは特撮史に金字塔を打ち立てた1995年公開の名作『ガメラ 大怪獣空中決戦』の「ガメラ」を蘇らせたモノ。撮影で使用されたスーツは、翌年公開の第2作に転用されたので現存しないのだ。そこで支援者を募り、熱い「ガメラ」愛で蘇らせたスーツを初めて一般にお披露目する。同時に『ガメラ 大怪獣空中決戦』屈指の名シーンといわれる、東京タワーに巣くうギャオス=通称「お座りギャオス」もクラウンドファンディングで修復された。今回、東京タワーのミニチュアとともに、映画そのままの姿で初公開される!
この東京タワーのミニチュアは、特撮美術デザイナー・三池敏夫氏が設計した1/70スケール、全高約4.8mもある巨大なモノだ。それが映画公開から25年以上大切に保管されており、今回、三池氏の解説とともに展示される。
ほかにも1999年公開の『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』登場の敵怪獣「イリス」の幼体も「特撮のDNA」に初登場するので、愛らしい瞳、貝殻を思わせる甲羅など、細部まで作り込まれた造形に注目してほしい!
そして同じく『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』より、最終決戦をオマージュした精巧なミニチュアの街並に、対峙する「G3ガメラ」と「イリス」が出現! 映画さながらの緊張感漲る展示を堪能してほしい!
会期中、トークショーも開催決定! 2022年8月13日には「平成ガメラ3部作」で「ガメラ造型部」を率いた原口智生氏に、今回の「ガメラ」復元の舞台裏について、2022年8月20日には『ガメラ 大怪獣空中決戦』の東京タワーをはじめ、シリーズの特撮美術を手がけた三池敏夫氏に特撮映画における都市破壊の魅力について、それぞれお話を聞くという。
最後に来場者は数量限定(先着順)で「ガメラ」デザインの「特製うちわ」がプレゼントされるのをはじめ、会場内のショップで3,500円購入ごとに「ガメラ」デザインの「特製缶バッヂ」(3種あり)いずれか1個がプレゼントされる。また会期中、東京タワーメインデッキ(150m)オープンエア外階段ウォーク挑戦者には「特撮のDNA」限定「昇り階段認定証」(「ガメラ」デザイン)がプレゼントされるのでチェック(※メインデッキには別途入場料がかかるので注意)。
肝心なイベント限定グッズの詳細はおって紹介するのでお楽しみに! 「特撮のDNA」公式サイトTwitterのチェックをおこなるな。


入場特典の特製うちわ


購入特典の缶バッヂ3種


昇り階段認定証

「特撮のDNA/平成ガメラ3部作 展」
2022年8月11日(木・祝)~2022年8月28日(日)
会場:東京タワー「タワーホール」 
〒105-0011 東京都港区芝公園4丁目2−8 東京タワーフットタウンB1F
営業時間:11時〜19時(最終入場18時30分)/毎週金曜は21時まで(最終入場20時30分)
入場料:一般(高校生以上)前売1,500円、当日1,700円/小・中学生(6~15歳)前売700円、当日800円/ペアチケット(一般2名様)前売2,800円、当日3,200円 ※未就学児は無料
チケット購入はこちら
※購入には「特撮のDNA」ポータルサイトへの無料会員登録が必要
詳細については特撮のDNA公式サイトまで
© KADOKAWA NH/1995 © KADOKAWA TNHN/1999 ©特撮のDNA製作委員会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ "#sofvitokyo" をつけて投稿した画像が表示されます。

    もしもし こちら編集部

    東映レトロソフビ
    コレクション10周年

    ツイッター

    ページ上部へ戻る