TOPICS:

なんと“あの雑誌”『薔薇族』の表紙を飾った「ルネ・ボーイズ」がソフビ化された!?


ルネ・ボーイズ ソフビドール

現在、キタンクラブ主催でマルチクリエーター・内藤ルネ氏が残したゲイカルチャーを牽引した雑誌『薔薇族』の表紙を飾った作品「ルネ・ボーイズ」をフィーチャーしたポップアップショップ「ルネ・ボーイズ from 薔薇族」が渋谷PARCOのPENGUIN SOUVENIRにて期間限定で開催中! 内藤ルネ氏といえば1953年のデビュー以来、数多くの少女雑誌で表紙を担当し、日本の少女文化をリードしてきた、現在に続く「カワイイ文化の生みの親」! だがその一方で対照的な、もうひとつの世界でも活躍されていたことが知られている。少年期に自身が性的マイノリティであることに気づき、その後、多くのゲイアートも手がけているのだ。最も活躍されたのは、1971年に第二書房から創刊された、商業誌としては日本初となるゲイ雑誌『薔薇族』の表紙を1984年2月号〜1998年9月号まで約15年間担当したこと。そこで描かれた明るく健康的でセクシーな男性画は「ルネ・ボーイズ」と呼ばれている。今回の「ルネ・ボーイズ from 薔薇族」は、雑誌『薔薇族』の表紙を飾った「ルネ・ボーイズ」にスポットをあて、貴重な原画や複製原画の展示に始まり、オリジナルグッズも販売されるイベントだ。その中で1番気になるのがキタンクラブ製「ルネ・ボーイズ ソフビドール」だ! これは雑誌『薔薇族』の表紙を飾った「ルネ・ボーイズ」をソフビ化した作品で、全高約23,5cmというサイズといい、デフォルメ感ある造形といい、実にソフビ的テイスト満載で「ルネ・ボーイズ」が表現されている。なんとも味わい深い仕上がりは注目では? 現在、PENGUIN SOUVENIR WEB STOREにて、数量限定で発売中! なくなり次第終了というので気になるならぜひ!

「ルネ・ボーイズ from 薔薇族」
2022年11月11日(金)~2022年11月25日(金)
11時~20時(17日まで/土日祝は10時〜)
11時~21時(18日から/土日祝は10時〜)
会場:PENGUIN SOUVENIR 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町15−1 渋谷PARCO 6F
入場無料

PENGUIN SOUVENIR WEB STOREにて発売中
ルネ・ボーイズ ソフビドール
頒布価格 16,500円(税込)
●全高約235mm
●問合せ先/PENGUIN SOUVENIR(ペンギンスーベニア) TEL.03-6427-0696(11時〜20時)
© R.S.H/RUNE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ "#sofvitokyo" をつけて投稿した画像が表示されます。

    もしもし こちら編集部

    東映レトロソフビ
    コレクション10周年

    ツイッター

    ページ上部へ戻る