TOPICS:

ブルマァク製「ガボラ(蓄光)」が地底よりギャラリー&ショップ・墓場の画廊に出現!


ブルマァク怪獣シリーズ ガボラ(蓄光) 

ギャラリー&ショップ・墓場の画廊で2022年11月ブルマァク受注版として『ウルトラマン』第9話「電光石火作戦」登場の「ウラン怪獣ガボラ」をラインナップ! 「ガボラ」とは、ウラン鉱山のある宇浪里町の地底から大好物「ウラン235」を求めて、台風通過後に現れた「ウラン怪獣」。地中を進む時には首のヒレを閉じており、皮膚は鋼鉄の五倍の硬さを持つ。そんな特徴がうまく落とし込まれたイメージの造形の「ガボラ」だが、今回、蓄光成型にレッド、イエロー、グリーン、シルバーなどスタンダードなスプレーでまとめられて登場。蓄光好き、怪獣ソフビ好きには、見逃せない仕上がりだ。受注受付は墓場の画廊ONLINE STOREのみとなるので注意!

2022年11月28日23時59分まで墓場の画廊ONLINE STOREにて受付の受注販売(2023年3月30日より順次発送予定)
ブルマァク怪獣シリーズ ガボラ(蓄光) 
頒布価格 8,800円(税込)
●全高約230mm
●問合せ先/墓場の画廊
© TSUBURAYA PROD.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ "#sofvitokyo" をつけて投稿した画像が表示されます。

    もしもし こちら編集部

    東映レトロソフビ
    コレクション10周年

    ツイッター

    ページ上部へ戻る