TOPICS:

初夏のマルサンフェア続報は、お台場に海の二大怪獣が出現!!


マルサン タッコング GID Ver.


マルサン グビラ350 GID Ver.

怪獣絵師の大御所としてファンに知られる開田裕治氏の個展「怪獣絵師 開田裕治のウルトラマンの世界展 final」がGALLERY21にて開催決定! ここでマルサンが気になる限定を準備中だ! まず「タッコング GID Ver.」は、『帰ってきたウルトラマン』第1話登場怪獣で、今回は蓄光材多めの全身発光仕様! ちなみにこの「タッコング」は、「もしもマルサンが昭和当時に『新ってきたウルトラマン怪獣』を手がけていたら?」というコンセプトのシリーズ! そしてもう1体は「グビラ350 GID Ver.」! これは『ウルトラマン』登場の「モンガラカワハギ」の怪獣だ。そんな「グビラ」へ通常の2倍の蓄光材を入れた超ハイコスト仕様なのだ! 開田裕治氏の「ウルトラシリーズ」絵画の展示は、タイトル通り今回がファイナルというので、これら限定版をチェックしつつ、ぜひとも展示の全貌を確認せよ!


「怪獣絵師 開田裕治のウルトラマンの世界展 final」
2024年7月6日(土)~2024年7月29日(月)
会場/GALLERY21 〒135-8701 東京都港区台場2-6-1 グランドニッコー東京 台場 3F
11時~19時(会期中無休)
入場無料
イベント問合わせ/GALLERY21

2024年7月6日からの「怪獣絵師 開田裕治のウルトラマンの世界展 final」て発売開始予定
マルサン タッコング GID Ver.
マルサン グビラ350 GID Ver.

頒布価格 11,000円(タッコング)、16,500円(グビラ350)(税込)
●全高約180mm(タッコング)、220mm(グビラ350)
●問合せ先/マルサン marusantoys@gmail.com marusan_kaminaga
© 円谷プロ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ "#sofvitokyo" をつけて投稿した画像が表示されます。

    もしもし こちら編集部

    東映レトロソフビ
    コレクション10周年

    ページ上部へ戻る