TOPICS:

2019年12月発売開始の[VAG]第21弾についてお聞きしました! 「怪獣アイシーBABY」について せりのりか interview

2019年12月発売開始の[VAG]第21弾についてお聞きしました! 「怪獣アイシーBABY」について せりのりか interview
せりのりか
博多在住のイラストレーター、キャラクターデザイナー。 ディズニージャパン、手塚プロダクション、ディーエルイー(敬称略)など数々の企業キャラクターのリデザインやコラボレーションを手がける。 2017年にクラウドファンディングにて沢山の方の支援により「怪獣アイシー」を制作。 ソフビアーティストとして国内外のイベントに参加、活動をはじめる。 “くもひとつないあおぞらいろ”をテーマに、特徴的な空色の瞳のファンシィなキャラクターと純粋でまっすぐな世界を描いている。
SNSアカウント
https://twitter.com/serinoricanews
__________________________https://twitter.com/KaijuIcey
__________________________instagram @serinorica

 

【代表取締役社長 赤司竜彦によるキャスティングポイント】
新進作家さんがキャラクターをローンチする上での重要なポイントとして、そのパーソナルから「この作家を応援したい」と思わせてくれる気持ちがとても重要なポイントのように思えます。アイシーは多くのファンの皆さんの手でこの世に生まれたクラウドファンディングから生まれたキャラクターであり、ここからのボトムアップのお手伝いが出来ればという想いからの起用となりました。

ーー今回の[VAG]プロジェクトへの参加経緯と感想を教えてください。
2019年2月のワンフェスに照紗さんとひなたかほりさんと3人で参加させていただいた時にブースに来られていた赤司さまにご挨拶させていただいたのがきっかけでした。 いつかご挨拶させていただきたいなとずっと思っていたのですがわたしが地方に住んでいることもあり、参加できるイベントやパーティーも限られていてなかなかタイミングがなく… ご挨拶させていただいた時に「ずっとアイシーちゃんのこと見てましたよ!いつかお仕事したいなと思っていたんですよ!やっと会えましたね!」と優しくお声がけいただき感動して震えてしまいました。 そのあとすぐにVAGのスケジュールのご連絡をいただき、夢じゃなかったんだ…とメールを読みながら泣いてしまいました(笑) VAGにずっと憧れていたので、本当に嬉しかったです。

ーー[VAG]に対して期待している事などあったら教えてください。
たくさんの方に「怪獣アイシー」を知っていただくきっかけになったらとても嬉しいです。 そしてソフビファンではないファンシーなかわいいものが好きな方にもまわしていただけたらいいな、わたしが好きなものがたくさんの方に届いたらしあわせだな…と思っています。

ーー今回[VAG]で「怪獣アイシーBABY」にした理由を教えてください。
赤司さまより「アイシーちゃんで」とご依頼いただき実現しました。 わたしも何か新しい子でというより、アイシーをみなさまに知っていただきたいと思ったので、ぜひお願いしますとお答えしました。

ーー改めて「怪獣アイシーBABY」のキャラをデザインされた時のこだわりや、コンセプトなどを教えてください。
怪獣アイシーは「おんなのこがぽっとり落としたアイスクリーム」が怪獣になったというコンセプトから生まれました。 わたしがアイシーの次に生み出したキャラで「おばけのスプーク」というアイシーがひろってきたアイスの子ども(現在はレジンで展開中)がいるのですが、怪獣アイシーBABYは「スプークが落としたちいさいアイスクリーム」が怪獣になったというコンセプトにしました。 ただスプークより少し大きいのと、アイシーがやさしくするのでスプークがいつもやきもちをやいてしまう…というお話がそのとき浮かんだのでアイシーとスプークとベビちゃん(怪獣アイシーBABY)を一緒にかわいがってもらえたらいいなという気持ちでデザインしました。

ーー原型製作時にこだわった造型ポイントなどあれば理由と共に教えてください。
原型は「おばけのスプーク」からスキャンしていただきメディコム・トイさまで3Dデータで制作していただきました。 スプークはもともと自分で制作しようとがんばって作っていたのですが、アイシーの原型師さんに制作したものを見てもらったときに「…僕がつくろっか!」と言っていただいてですね。 あまりにもへたくそだったっぽいです(笑) 赤ちゃんをイメージしたものがつくりたいというわたしの気持ちを汲んでいただき、わたしのイラストに近い印象の子に仕上げていただきました。 ベビちゃんはそちらにあわせられたらかわいいなと思いスプークからスキャンしていただきました。 ただ、3Dデータを監修することがはじめてだったので、赤司さまに相談にのっていただきながら、何度も細かい修正をしていただきました。 3Dデータを担当してくださった原型師さま本当に本当にありがとうございました!

ーー今回は5色あります。色決めの基本コンセプトと、色バリエーションの理由を教えてください。
今回ここも赤司さまに相談にのっていただきました。 いままで出したカラーの子を出したほうがいいか、新しいカラーを考えた方がいいか、などカラーもかなりの数考えてご提案したときに赤司さまが「アイシーちゃんのクラウンドファンディングの記事を読みこの子は沢山の皆さんの後押しで世の中に生まれてきた子なんだなと思いました。 アイシーちゃんを持っているファンの皆さんがオリジナルモデルを持っている事を誇りに思えるラインナップにすべきかと思います。」というご提案をくださったのです。 そして今回のカラーになりました。ラムネ味はタイペイトイフェスティバル2017で発売したオリジナルバニラよりも一般販売が早かった子でわたしにとっても思い入れがすごくある子です。 なのでこういった形で、みなさまにみていただけるのはとてもうれしいです。

ーー実際にソフビサンプルを見た時の完成への手応えなど聞かせてください。
あぁもう本当にかわいくないですか?これ!となりました(笑) 彩色指定を出す時に色見本ではなく、実際のソフビをこの色でお願いします!とお渡ししたんですね。 だから彩色が本当に全く一緒なんです。アイシーとベビちゃんを並べて置いたらほんとうに親子みたいで、すごい…となりました。 アイシーはアイスクリームだから、いつも色にこだわって作らせていただいていて、工場のわたしの担当さんはほんとに大変だと思います(笑) でもいつも思った色にしっかりあげてくださるんですね。 なので、そのこだわって(担当さんが)苦労した部分をしっかり再現してもらえたことが(担当さんが)むくわれた!!!すごい!!!やった!!うれしい!!という気持ちになりました。 本当にいつもすみません。

ーー[VAG]はすでに何シリーズも展開しています。これまでの各シリーズに対してプレッシャーなどありましたか?
プレッシャーは正直めちゃくちゃあります。 今までのラインナップを見ても、自分で言うのもなんですがアイシーでいいんですか?感といいますか(笑) 「アイシーはマス感が強いからVAGからは声かからないんじゃないか」と言われたこともあったので、あきらめようと思ってた時のお声がけだったので、奇跡がおきたと思っています。 その時に「なにがいいかは赤司さんじゃないとわからないですよ」と励ましてくれた作家仲間には本当に感謝しています。

ーー今後またシリーズへの参加意欲などあれば聞かせてください。
ぜひ参加させていただきたいです。アイスクリームのカラーバリエーションは無限ですし^^ また新しい作品でも参加させていただけるように沢山がんばっていきたいと思っております。

ーー最後にファンへのメッセージをお願いします。
本当にいつも応援してくださりありがとうございます。 イベントにかけつけてくださったり、アイシーやスプークの写真をSNSに載せてくださったりいつも沢山励みになっています。 SNSでアイシーのVAG出て欲しいなーという言葉をみかけるたびに、わたしもそう思うー!!!(涙)と思っていました^^ クラウドファンディングから応援していただいたみなさま、みなさまのおかげでかけがえのない作品ができました。 やっとみなさまのこうなったらいいのになという場所までこれました。 しっかりがんばっていきますので、これからも仲良くしてくださいね。 アイシーとスプークとベビちゃんのことを末永くよろしくお願いします。^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ"#sofvitokyo"をつけて投稿した画像がリアルタイムで表示されます。

    ツイッター

    ページ上部へ戻る