TOPICS:

[VAG]第30弾についてお聞きしました! 『你好少女!ジャッキー』について せりのりか interview

せりのりか
博多在住のキャラクターデザイナー。 ディズニージャパン、手塚プロダクション、ディーエルイー(敬称略)など数々の企業キャラクターのリデザインやコラボレーションを手がける。 2017年にクラウドファンディングにて沢山の方の支援により「怪獣アイシー」を制作。 ソフビアーティストとして国内外のイベントに参加、活動をはじめる。 “くもひとつないあおぞらいろ”をテーマに、特徴的な空色の瞳のファンシィなキャラクターと純粋でまっすぐな世界を描いている。

SNSアカウント
__________________________https://twitter.com/serinoricanews
__________________________https://twitter.com/KaijuIcey
__________________________instagram @serinorica

【代表取締役社長 赤司竜彦によるキャスティングポイント】
せりのりかさんVAG4作目になる新作は功夫少女ジャッキーファンの皆さんと同じ目線で創作を
続けている作家さんです。きっと、みなさんが応援をしたくなるタイプの作家さんなんでしょうね。

Q1/せりさんはもはや「VAG」では何度目か参加です。
まずこれまでに参加された「怪獣アイシーBABY」「海獣サンディBABY」「a.girl」など
振り返っていただき「VAG」参加への感想と手応えを教えてください。

毎回本当にファンのみなさまに喜んでいただけて、とても嬉しくてありがたいです。
Twitterなどでなにげない日常の写真や、おでかけ写真などVAG作品と撮ってくださってる方を
見かけるようになり、ソフビをはじめた頃にそういう風にわたしの作品も
遊びに連れ出してもらいたいなぁと思って眺めていたので、
少しはあの頃憧れていた作家さん達に近づけているのかなぁ…という気持ちになります。

Q2/そして今回の「你好少女!ジャッキー」で新たに[VAG]に参加された経緯と理由を教えてください。

今回は赤司さんからお電話をいただきました。知らない番号だったので、
かなりぶっきらぼうに出てしまって後悔したのを覚えています。笑
「ちょっと時間がないんだけど、やれそうですか?僕はジャッキーが良いと思っているんですが」という
ご依頼だったのですが、ジャッキーはイラストしかないし、まだソフビにする予定もなかったので、
はたしていいのか?という気持ちがあったので「ジャッキーも描いてみますけど、
ちょっと今考えているキャラも見てもらっていいですか?時間はかけないんで!」というお約束のもと、
ラフを描きました。

「うん!ジャッキーで!!」と勢いよくお返事いただき、「ですよね!!」という流れで
ジャッキーに決定しました。笑わたしはやたがらすとか、結構好きなんですけど…VAGで欲しい作品は
なにか、と考えた時にやはりジャッキーだなと思うので赤司さんのジャッジに大感謝しております。

Q3/「你好少女!ジャッキー」のキャラをデザインされた時のこだわりや、コンセプトなどを教えて下さい。

ジャッキーは「可愛的老師」というシリーズでイラストをTwitterやinstagramにアップしていたものに
出てくる女の子なのですが、台湾のイベントに参加した時に、台湾のファンの子たちが、
私を「可愛的老師」と呼んでいて、老人あつかいとは!!!とプンプンしたことがありまして。笑
よくよく調べたら、「可愛いものを描く先生」という意味だったんですよ。笑笑

面白くて気に入ってしまい、その言葉で思い浮かんだ、うさぎのカンフーの達人「可愛的老師」のもとで
修行する少女がジャッキーです。ジャッキーはいつも試合に負けてボロボロなんですけど、
2番手キャラというか、天才がいる中がむしゃらに頑張る女の子で負けてもめげない、めげても邁進する
という気持ちを込めて制作しました。自分もそうありたいという気持ちを込めて描いています。

 Q4/原型製作時にこだわった造型ポイントなどあれば理由と共に教えて下さい。

今回もパーフェクトスタジオ様にお世話になったのですが、
今回はもう何度もお仕事させていただいているので、すごく早かったです。
a.girlちゃんと身長をあわせて、並べて違和感がないようにしたいというのがこだわりです。

Q5/今回は5色あります。色決めの基本コンセプトと、色バリエーションの理由を教えて下さい

ジャッキーは前述したように2番手、2Pキャラなので、メインカラーは青×黄の子です。
ただ、スタンダード主人公チックな赤服の1Pキャラも欲しいな、最強のGODキャラもいるな、
そしたらゾンビもいるでしょ…というように「格闘ゲームに出てきそうカラー」で制作しました。

ゾンビじゃなくて、ふつうはキョンシーでしょ!と友人に突っ込まれましたが
いや、これはアメリカの戦士でね…!!と熱く語って嫌がられました。

Q6/実際にソフビサンプルを見た時の完成への手応えなど聞かせて下さい。

本当に毎回ですが、自分が思っている以上のものをあげてくださるので、嬉しくてたまらなかったです。

Q7/[VAG]はすでに何シリーズも展開しています。
これまでの各シリーズに対して何かプレッシャーなどありましたか?

今まではプレッシャーもなく、楽しんで制作できました^^…とかっこつけて言ってきましたが、
正直プレッシャーも出てきました。笑
楽しんでもらえるかな?かわいいとおもってもらえるかな?…などなど
考えだしたらキリがないです。笑

Q8/今後またシリーズへの参加意欲などあれば聞かせて下さい。

ぜひまたお声がけしていただけるように、精進して邁進してゆきたいです。

Q9/最後にファンへのメッセージをお願いします

Twitterやinstagramでお声がけいただいたり、わたしの作品の投稿をしていただいてるのを
拝見してやる気と勇気をいただいています。いつも本当にありがとうございます。

今回も「ジャッキー絶対コンプまで回す!!」というお言葉にどれだけ励まされたか…という気持ちです。
かわいい作品ができあがりましたので、ぜひおむかえいただけたらうれしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ "#sofvitokyo" をつけて投稿した画像が表示されます。

    もしもし こちら編集部

    東映レトロソフビ
    コレクション10周年

    ツイッター

    ページ上部へ戻る