TOPICS:

佐賀県立美術館で開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」は2017年11月5日まで! 場内はなんと全撮影OK間のでまだの特撮ファンはぜひ!!

佐賀県立美術館で開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」は2017年11月5日まで! 場内はなんと全撮影OKなので、まだの特撮ファンはぜひ!!
↑会場となった佐賀県立美術館!

現在、佐賀新聞社主催で佐賀県立美術館にて絶賛開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」も終了の2017年11月5日までラストスパート! これは昨年、福島で開催された「特撮の神様」円谷英二監督を原点とする「特撮技術」と「継承者たち」の仕事を紹介する企画展で、前回は演出家にスポットが当てられたが、今回はさらに「怪獣造形」もテーマに展示されている。まず場内に入ると「怪獣の匠1 特技監督の仕事」と題して映像制作スタッフをテーマに、円谷英二氏の『ゴジラ』シリーズを始め、「平成ゴジラシリーズ」や、TV『超星神シリーズ』など数々の作品から日本特撮の魅力をミニチュアで紹介。さらに進むと「怪獣の匠2 造形師の仕事」として造形師・若狭新一氏が担当した『ゴジラシリーズ』ほかの造形物が展示される通称「若狭ルーム」へ。ちなみに今回、展示されるミニチュアは、前回の福島とほぼ同じなので内容は「特撮のDNA 円谷英二にはじまる『日本特撮』の魅力に迫る」をチェック!
もちろんこの佐賀展ならではの魅力も多数あるので紹介しよう! 何と言っても1番は、全展示物が撮影OKなこと!(※ただしフラッシュ&ストロボ撮影はNGなので注意)。これは福島展ではなかったので大注目だ! また新編集という佐賀展限定パンフレット『怪獣の匠』(864円/税込)の発売や写真スポット3か所を対象とした来場記念新聞のプレゼントもある! ソフビ者的に気になるM1号やU.S.TOYSの限定も全種類はないが、途中追加されてソフビもあるので会場で確認せよ! 何かと盛りだくさんなので、まだ未見のファンはもちろん、すでに観た特撮ファンも、もう1度、九州初上陸の特撮造形物を最期まで味わい尽くそう! 

佐賀県立美術館で開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」は2017年11月5日まで! 場内はなんと全撮影OK間のでまだの特撮ファンはぜひ!!
↑「怪獣の匠1 特技監督の仕事」では円谷英二氏を始め、カメラマン・有川貞昌氏や特技監督・中野昭慶氏の東宝特撮映画、特技監督・川北紘一氏たちの作品のミニチュアで特撮の魅力を紹介

佐賀県立美術館で開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」は2017年11月5日まで! 場内はなんと全撮影OK間のでまだの特撮ファンはぜひ!!佐賀県立美術館で開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」は2017年11月5日まで! 場内はなんと全撮影OK間のでまだの特撮ファンはぜひ!!佐賀県立美術館で開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」は2017年11月5日まで! 場内はなんと全撮影OK間のでまだの特撮ファンはぜひ!!
↑基本的に展示されるミニチュアは、ほぼ福島展と同じだが「ゴジラ雛形」造形を担当した利光貞三氏による「ゴジラ」が佐賀展で初公開されている! 

佐賀県立美術館で開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」は2017年11月5日まで! 場内はなんと全撮影OK間のでまだの特撮ファンはぜひ!!
↑「怪獣の匠2 造形師の仕事」では造形師・若狭新一氏が造形した『ゴジラシリーズ』ほかの造形物を展示

佐賀県立美術館で開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」は2017年11月5日まで! 場内はなんと全撮影OK間のでまだの特撮ファンはぜひ!!
↑これが通称「若狭ルーム」全景

佐賀県立美術館で開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」は2017年11月5日まで! 場内はなんと全撮影OK間のでまだの特撮ファンはぜひ!!佐賀県立美術館で開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」は2017年11月5日まで! 場内はなんと全撮影OK間のでまだの特撮ファンはぜひ!!佐賀県立美術館で開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」は2017年11月5日まで! 場内はなんと全撮影OK間のでまだの特撮ファンはぜひ!!
↑造型師としての若狭氏のプロフィールを紹介しつつ「ゴジラの造型(表皮を作る)」と題して、「ゴジラ」の左足のFRP製雌型から成型した「ゴジラの左足」も展示。これは実際に触れることが出来るのだ

佐賀県立美術館で開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」は2017年11月5日まで! 場内はなんと全撮影OK間のでまだの特撮ファンはぜひ!!
↑展示初日や会期中開催された手塚昌明監督とのトークショーで来場した若狭氏は、積極的にギャラリートークを行ったのだ。こちらは初日の模様

佐賀県立美術館で開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」は2017年11月5日まで! 場内はなんと全撮影OK間のでまだの特撮ファンはぜひ!!
↑今回も来場記念新聞プレゼントあり! 会場にある新聞用撮影スポット3箇所のいずれかで記念撮影して専用メールヘ送ると、その後に来場記念新聞が送られてくる! なんと送料無料なので、ぜひ記念写真を送ってみよう!

佐賀県立美術館で開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」は2017年11月5日まで! 場内はなんと全撮影OK間のでまだの特撮ファンはぜひ!!佐賀県立美術館で開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」は2017年11月5日まで! 場内はなんと全撮影OK間のでまだの特撮ファンはぜひ!!
↑撮影スポットのひとつ。水中撮影用「ゴジラ」上半身スーツ。その脇には若狭新一氏と展示協力の西村祐次氏(M1号代表)のサインが。後にトークショーで来場された手塚監督のサインも加えられている

佐賀県立美術館で開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」は2017年11月5日まで! 場内はなんと全撮影OK間のでまだの特撮ファンはぜひ!!
↑撮影スポットのひとつ。『メカゴジラの逆襲』に登場した「メカゴジラⅡ」のスーツ! 前回の福島展では新聞撮影スポットはこの「メカゴジラⅡ」のみだったが今回は3箇所もあるのだ

佐賀県立美術館で開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」は2017年11月5日まで! 場内はなんと全撮影OK間のでまだの特撮ファンはぜひ!!
↑撮影スポットのひとつ。「ミレニアムシリーズ」の「ゴジラ」と「レインボーモスラ」のジオラマ!

佐賀県立美術館で開催中の「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」は2017年11月5日まで! 場内はなんと全撮影OK間のでまだの特撮ファンはぜひ!!
↑若狭氏が手にするのは佐賀展限定の新編集パンフレット『怪獣の匠』(864円/税込)。今回のテーマになっている造形師にスポットをあてた構成で「歴代ゴジラ」を振り返っている。造形師・若狭新一氏のロングインタビューも掲載。もちろん今回の展示物を全て掲載した全192ページの「特撮のDNA」の図録(2,700円/税込)も発売中!

「特撮のDNA 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」
2017年9月29日(金)〜2017年11月5日(日)
会場:佐賀県立美術館
9時30分〜18時(月休/※月が祝の場合はその翌日)
入場料:一般・大学生1,200円、高校生700円、中学生以下500円、小学生以下は無料

問合せ先/http://tokusatsu-dna.com/

2017年11月5日まで佐賀県立美術館にて開催中
「特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター 造形の歴史」
●会場:佐賀県立美術館 〒840-0041 佐賀市城内1-15-23
TM & © TOHO CO., LTD. © TOHO CO., LTD./© 1994 SANRIO © 1993 TOHO-TOHO EIGA/© 2003 グランセイザープロジェクト・テレビ東京
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ"#sofvitokyo"をつけて投稿した画像がリアルタイムで表示されます。

ページ上部へ戻る