TOPICS:

平成を代表するギャグマンガ『行け!稲中卓球部』の“あの”3人がソフビ化!


KAIJU ONE × 行け!稲中卓球部ソフビ 前野


KAIJU ONE × 行け!稲中卓球部ソフビ 井沢


KAIJU ONE × 行け!稲中卓球部ソフビ 田中

古谷実先生デビュー作の連載開始&画業30周年記念として現在、ギャラリー&ショップ・墓場の画廊にて「行け!稲中卓球部 POP UP STORE」開催中! 『行け!稲中卓球部』といえば『週刊ヤングマガジン』(講談社刊)にて、1993年〜1996年まで連載された作品。奇行、性欲、ひがみ根性でクソばか集団「稲中卓球部」のエース「前野」、「矢吹丈」似の前髪が個性の卓球部第2の男「井沢」、そして数々の奇行で全身凶器の卓球部第3の男「田中」の主人公3名が織りなす、意表をついた特異性炸裂な平成を代表するギャグマンガ! ここでは、そんな主人公3名を墓場の画廊プロデュースにより、絶妙な頭身と表情、こだわりの造形で香港メーカー・Kaiju Oneがソフビ化! 写真を見れば分かる通り、いずれの表情も傑作と言っても過言ではない仕上がりだ! 『行け!稲中卓球部』好きのソフビ好きなら完全マスト間違いなし!

2023年12月11日23時59分までショップ・墓場の画廊ONLINE STOREにて受付の受注販売(2024年4月11日より発送開始予定)
KAIJU ONE × 行け!稲中卓球部ソフビ
前野、井沢、田中

頒布価格 各16,500円)(税込)
●全高約165mm(前野)、175mm(井沢)、155mm(田中)
●問合せ先/墓場の画廊
© 古谷実/講談社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ "#sofvitokyo" をつけて投稿した画像が表示されます。

    もしもし こちら編集部

    東映レトロソフビ
    コレクション10周年

    ページ上部へ戻る