TOPICS:

2022年6月発売開始の[VAG]第31弾についてお聞きしました! 「BLACK CAT ROBIN」について黒ねこ意匠 interview



黒ねこ意匠
2011年より黒猫のろびんちゃんをモチーフとした
絵本や、雑貨を企画制作する二人組。
絵本「くろねころびんちゃん」シリーズは現在までに3冊刊行。
デジタルイラストをメインに、2016年よりアナログ原画の制作を開始。
東京・大坂・名古屋にて個展を開催。好評を博す。
2018年より、ゴンチャロフ製菓「ANGEGE」シリーズのビジュアルを担当。

__________________________Twitter:https://twitter.com/kuroneko_robin
__________________________instagram:https://www.instagram.com/kuroneko_design/

【代表取締役社長 赤司竜彦によるキャスティングポイント】
未だVAGが生まれる前から、個人的に黒ねこ意匠さんの作るプロダクツの大ファンだった事もあり、
先にBE@RBRICKやMLEでの展開をご一緒させて頂いた後のエントリーになりました。

ーー今回の[VAG]プロジェクトへの参加経緯と感想を教えて下さい。

数年前にデザインフェスタに出店した際に赤司社長にお声がけしていただき、
その流れでBE@RBRICKやVAGにも参加させていただきました。
ソフビ化・BE@RBRICK・VAGどれも憧れででしたので、まさかのお声がけに恐悦至極な次第です。

ーー[VAG]に対して期待している事などあったら教えて下さい。

今回だけに関わらず是非また参加させていただけたらと思います。


ーー今回[VAG]で「BLACK CAT ROBIN」がラインナップされた理由を教えてください。

ソフビのロビンの原型がシンプルだったため、VAG化しても成立すると思っていただけたのかなと。


ーー改めて「BLACK CAT ROBIN」のキャラをデザインされた時の
_____こだわりや、コンセプトなどを教えて下さい。

「ろびんちゃん」は僕が初めて飼った黒ねこのロビンをモデルにしています。
生意気で少しブサイク、シンプルなフォルムを心がけて制作していて、
表情に少し無機質な感じを出したかったので、あえて目の焦点が合わないようデザインしてあります。


ーー原型製作時にこだわった造型ポイントなどあれば理由と共に教えて下さい。

昔のドリームペッツというぬいぐるみシリーズが好きで、
そんなレトロなシルエットになるよう制作しましたが、特筆すべきはお尻のバッテンです!


ーー今回は5色あります。色決めの基本コンセプトと、色バリエーションの理由を教えて下さい。

基本カラーはやはり黒なのですが、せっかくの機会でしたので大好きな猫たちの柄を描かせていただきました。
蓄光タイプはレトロなロビンちゃんのイメージで黒を濃紺にしてあります。


ーー実際にソフビサンプルを見た時の完成への手応えなど聞かせて下さい。

とにかくうれしかったです!!
サンプルを眺めながらお客様によろんでいただけるかを想像してました。


ーー[VAG]はすでに何シリーズも展開しています。
_____これまでの各シリーズに対してプレッシャーなどありましたか?

立体での商品化が初めてなのでプレッシャーはとてもありました。
参加されている作家さんたちも著名な方々ばかりなので、
とても光栄な事ですがそんな方たちと僕らが肩を並べていいのかな?とも思いました。


ーー今後またシリーズへの参加意欲などあれば聞かせて下さい。

是非参加させていただきたいです!
猫のキャラが前提ではありますが、ロビン以外にも立体にしたい猫キャラがあります!


ーー最後にファンへのメッセージをお願いします

黒ねこ意匠と「ろびんちゃん」は、本当に多くの皆さんに支えられてここまで来ることができました。
これからも頑張っていきますので応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

SOFVI INSTAGRAM

※instagramにハッシュタグ "#sofvitokyo" をつけて投稿した画像が表示されます。

    もしもし こちら編集部

    東映レトロソフビ
    コレクション10周年

    ツイッター

    ページ上部へ戻る